カメラと音楽と手作り大好き

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

10年くらい前に「刺し子」にはまり、花ふきんや鍋敷き、ランチョンマットなどいろいろ作っては、飾っていました。その頃から、「こぎん刺し」にちょっと興味があったのだけど、細かい作業みたいなので、敬遠していました。

今回、また刺し子を始めたので、ついでに、「こぎん刺し」もやってみることにしたんです。

3-2_20170907191818d53.jpg

ところが、刺し始めてから、びっくり。 図案を見てもなかなか感じがつかめないのです。おまけに段は間違えるし、目数も間違えてばかり。すっかり落ち込んで「私にはこぎん刺しは向いていないのではないか。」とあきらめかけたのだけど、せっかくなので、簡単な柄から取り組むことにしました。

4-2.jpg

で、すぐには気づかなかっただけど、しばらくして「はっ!」としました。なぜ私がこぎん刺しの図案が見にくいと感じたのか、わかったんです。

昔クロスステッチばかりやっていたことがあったので、このように方眼状になっていると、一つの四角が一つの糸目に見えるの。
でも、こぎん刺しでは違う。 赤い四角と緑の四角は、クロスステッチの図案を見慣れているとどちらも同じ幅なんだけど、こぎん刺しでは、赤の方は3目分の幅で、緑の方は1目分の幅なんですね。けっこう太い糸でできている布に小さい穴が開いているのに、その太い糸が細い直線で表わされ、小さな針を入れる穴がでっかい四角になっている。だから、感覚的になかなか飲み込めなかったのでした。

それで、自分で5mm方眼に色鉛筆で描き直してみたら、なんとまあ、すぐに刺せるようになって、解決しました。

5-1_201709071918202c0.jpg


5-2_20170907191819f3c.jpg

7-3.jpg

自分にとってわかりやすい図案に直せばたいていの模様は大丈夫そう・・・ そうわかってからは、こぎん刺し三昧でした。

6-3_201709071916150b5.jpg


6-5.jpg

クロスステッチをやっていた頃に買いだめしていた刺しゅう糸と、刺し子に燃えていたころ買いあさっていた刺し子糸が、こぎん刺しにも使えそうなので、布だけは専用のコングレスという布を買って作っています。

刺し子と違って、布に前もって線を引かないでいいのは、楽ですね。ただし、いつも針ですくう縦糸の数を必死で見ているので、目が疲れてきました。昨日あたりから、右目のまぶたがひくひくしています。
今日は休ませてあげようかな。


ではおまけ。

4-6.jpg

7-2.jpg
23-3_20170825202905f93.jpg

無事完成したので、今度は大きなタペストリー(壁掛け)に取り掛かりました。刺し子のいろんな模様が散らばっているものなので、案外早く出来上がりそうです。

24-3_20170825202907f1e.jpg

色っぽい女の子の写真です。


最後に、
18-4_20170825202907690.jpg

インクの色は、山葡萄。
いろんなサークルに入っていて、その練習もあるのですが、合間にいろんな手作りを楽しんでいます。

先日からやっていたレジンも、だんだんと数が増えてきました。


これが、一昨日。
19-3_201708212345566e9.jpg


これが昨日。
20-2_2017082123455736d.jpg

100均で買ったモールドが役に立っています。

21-1_201708212346002e5.jpg

手前右側の小さなものは、ボタンの足とか、ヘアアクセサリーのゴム取り付けの輪とか、いろんなミニパーツ用の型です。



しかし、まあ、レジンばかりやっていてアレルギーとかになっても困るので、今度は刺し子をやっています。

21-2_20170821234602c84.jpg

さらしの布に、模様がプリントされている「花ふきん」を、だいぶ前に買って放置していたもの。ようやく取り掛かりました。

思いのほか糸を消費したので、途中で足りなくなり、似た糸を使って続きを刺しています。前回、派手派手にしたので、今度は紺色一色にするつもりなんです。
いいのができるといいな。


これは、8月の初めに刺した花ふきんです。カラフルすぎかも・・・
1-1.jpg
最近、ちょっと気になっていたスクラッチ画。昔は、クレパスで画用紙をいろんな色に塗り分けて、その上からさらに真っ黒のクレパスで塗りつぶしてから、先のとがったものでひっかいて花火大会の絵なんかをかいていましたよね。
それが、最近、「大人の塗り絵」に続く物として「大人のためのヒーリングスクラッチアート」「ラゴデザイン スクラッチ・カラーリング」なんかが流行っているみたい。
確かにキレイだし簡単そうだから、やってみたい気がするけど、また本が増えるのもなんだから、手軽に描いてみることにしました。
100均にも、レインボーアートとして、すでに真っ黒になっている紙が売られているらしいけど、できれば、自力で下絵からやりたい。

ということで、やってみました。

16-1.jpg

とにかく、クレパスは手が汚れていやだから、使いたくない。というわけで、ずいぶん前から持っているポスカを使ってみることにしました。そして上から塗りつぶすものとして、アクリル絵の具を台所用洗剤で溶いた物が使えるらしいとわかったので、やってみたのが、上の写真の絵。

ポスカの上に直接絵の具を塗ると、あとで剥がしにくいかも・・・と思い、水性アクリルニスを塗っておいたら、これが大正解。黒の絵の具がするすると気持ちよくはがれてくれましたよ。

ただ、この時使った洗剤の匂いが好きでなかったので、二枚目は別の台所用洗剤で溶かしてみました。

16-2.jpg

前回の下塗りが幾何学模様だったので、次はハートいっぱいの可愛い模様にして、小さい柄でもいろんな色が見えるように。

16-3.jpg

アクリル絵の具を洗剤で溶いておくと、乾いたときに、練り消しのカスみたいな感じでとれます。だから、つまようじの先についた塊を、ティッシュで撮りながら描いていきました。

ま、しかし一応満足したので、しばらくはやりません。

12-1.jpg

「あっ、そうだ、プラバンでなら、もち文鳥が作れる・・・」と思いついて、さささっと下絵を書いてから作ってみました。
以前プラバンにはまっていたことがあるので、道具や材料はすぐに出てきます。

プラバンはとても手軽に丈夫なストラップなんかが作れるので良いのですが、惜しいことに、縦横の収縮率が違うの。だから、少しつぶれるか、縦に伸びるか・・・

熱を加えてみないと、その方向がわからないので、新しいプラ板を使うときには、縦と横の二種類作ってみます。で、方向がわかったら、その具合を見て、下絵を少しつぶしておく・・・とかいうことになります。

でも、真ん丸のボタンを作りたいな、と思うと、これがなかなか難しい。まずは縮んだあとで円になるようにつぶれた円の下書きをしなくてはいけません。次に、円切りカッターを持っていないので、ハサミで切ることになるのだけど、きれいいに切るのが難しい。

というわけで、ボタンはレジンで作ってみました。

11-3.jpg

レジンなら、〇の中に液を流し込めば、円のボタンができますし、ボタン穴もあいた型がちゃんとあるので、ラクチン。

編み物で、ベストとかカーディガンを編んだ場合、その編地のイメージに合うボタンを手芸店に買いに行くと、なかなか大変なんです。まず高いし、なかなかぴったりするのがない。100均にもボタンはあるけど、無地かかわいらしすぎるものとか。
レジンの型を使って、自分の欲しいデザイン、色の物を自分で作ることができるのだから、最高です。
ま、今回作ったのは試作品で、さしあたりつける予定の物はありません。
手提げの口があかないように、ボタンをつけることもあるので、そんなのに利用しようかな・・・


さて、昨日「かな書道教室」でがんばって作品を提出してきたので、今度は、次の「三線教室」の予習をしました。
13-1_2017081320573896c.jpg
前回の終わりに、「次はこの曲をしまーす。」と配られていた工工四(三線の楽譜)を覚えやすくするために、ひとまず五線紙に書いてみるの。そうすると、私の場合、曲の構成とかもすぅーっと頭に入ってくるので、あとの練習がとってもやりやすくなるのです。

納得がいったら、あとは工工四をみながらの演奏の練習をします。 今回はYoutubeにいっぱい動画が出ていたので、歌のメロディーも覚えやすくて、うれしいです。

とても明るく、にぎやかな曲なので、楽しく歌えるように、しっかり覚えようと思います。

yumi

Author:yumi
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

この人とブロともになる