カメラと音楽と手作り大好き

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

        koyubi-2.jpg


「あなたが 噛んだ 小指が 痛い・・・・」

というわけではありませんけど、
今日は、私の、この小指の思い出を。


まずは、このように曲がってしまったわけについて。


私が、あこがれのピアノを習いに行き始めたのは、小学校四年生の春。
近くに、やまびこ音楽教室というのがあって、前を通ると、いつもピアノの音が聞こえていたので、母親・父親におねだりして、ついに通わせてもらえるようになりました。

しかし、うちは、アパートの二階に住んでいる身。自宅にあるのは、電気オルガンだけ。
それでも、一生懸命に練習した甲斐があり、三か月ほどで、バイエルの80番くらいに進みました。

ちょうどそのころ、発表会の練習が始まり、先生が私に決めた発表曲は、なんと、ベートーベンの「トルコ行進曲」。
まあ、もちろん子供用にアレンジしてあるものではありましたが、後半部分の複雑な動きのところがどうしても弾けない。

それまで快調にすすんでいたのに、突然の挫折。

それで、たった4か月ほどで、ピアノをやめてしまったんです。

あとで母親に聞いた話では、当時我が家は財政的に苦しかったので、ピアノの月謝の払いもままならなかったらしく、私がやめたのはありがたかったとか。それで、「続けなさい。」とも言わなかったらしい。

というわけで、それからは、そのときすでに買っていた「ピアノ小品集」とハノンとバイエルと「ブルグミュラー 25の練習曲」を見ながら、自分勝手に練習を続けていました。もちろん、オルガンで。


就職してから、自分のお金でエレクトーンを習いに行きはじめ、これまた、一年間でグレード8くらいまで進んだのですけど、仕事が忙しいのと、だんだんレッスン料が高くなるのとで、またまた挫折。
これまた、自分で勝手に練習するようになりました。


そんな私。ある時、とても弾きたい曲があり、職場に置いてあったピアノを借りて、がんがん弾いていたら、左手の小指を酷使する曲(低音をがんがん鳴らす)だったので、なんと突き指をしてしまいました。

でも、弾きたい一心で弾いていたら、なんとまあ、気づいたら、こんな指に。

      yubi.jpg

基礎がちゃんとできていたら、こんな風にはならなかったのかもしれませんけど、とにかく、独学でやっていましたから。

これは、マレットフィンガーという症状のようです。
もう、15年くらいほったらかしなので、今さら治療する気はありませんけど、実は、これ、とても役に立っているのです。
左手で1オクターブ離れた二つの音を同時に弾くことがよくあるのだけど、小指がこんな風に曲がっているので、ぴんと伸ばしたときにちょうど親指と小指が1オクターブの距離となり、力強く弾くことができるんですよ。
ピアノは、今でも、勝手に練習しています。

私の実家を二世帯住宅に建て替えて、同居するようになったとき、電子ピアノを購入したので、夜中でもヘッドフォンで練習できるようになったから。

今練習しているのは、カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」と、久石譲さんの「summer」。そして「アシタカとサン」。あと、古い曲ですけど、「エデンの東」とか「ムーンリバー」もお稽古していますよ。



と、ここまでは、突き指の話。


ここからは、第二弾!!

      これは、25年くらい前のことだけど、職場のレクレーションでハンカチ落としをした時のこと。
私が鬼で、張り切って走って追いかけていたら、ワックスのきいた床で、思わず滑ってしまいました。
滑った先に、大きな机があったので、ぶつからないように左手を出したら、なんと、小指一本だけが引っかかってしまい、びろんとなってしまいました。

そんなに痛くはなかったので、そのままゲームに参加していたのだけど、なんか、様子が変。

      koyubi.jpg

なんと、小指がぷらんぷらんになっていました。

右手で小指を持って、ためしに手首側にまげてみると、苦も無く、手首に小指がくっつきます。

職場の人たちに、「ね、これって変よねー。」と見せたら、みんな驚いてしまい、すぐに病院に行くことを勧められました。

で、整形外科でレントゲンを撮ったら、骨には全く異状なし。

骨折ではなかったんです。
でも、ちょっと腫れてるし、明らかに、小指がぷらんぷらんでおかしいので、「関節の袋が破けたのでしょうね。固定しましょう。」ということになりました。

それから、三週間ほど、私はアルミの添え木のようなものをくっつけて、小指と薬指を一緒に包帯で巻いて過ごしました。

それで一応ぷらんぷらんはおさまりましたけど、左手の小指に全く力が入らず、ピアノが弾けなくて困りました。(最初の話の頃には、もう普通に弾けるように戻っていたのです。)

というわけで、『小指の思い出』二つのお話は、これでおしまいです。



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

yumi

Author:yumi
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

この人とブロともになる