kororin日記

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
k-1.jpg

これは、もう何回か登場している、我が家の胡蝶侘助。侘助の見分け方として、筒状になっていることと、おしべが退化していて花粉ができにくい、ということがありましたが、「本当に、そうかしら???」と思い、観察してみました。

で、まずは、この写真。いつものように、大きさを示すために、私の指が登場しています。

おしべから、何か、黄色い粉が出ているように見えますね。
k-2.jpg

もっと寄ると、よく見えます。
確かに、花粉のようです。

つまり、全く花粉ができないわけではない、ということ。

でも、確かに、うちの胡蝶侘助に実がなっているところは、見たことがないような・・・

ならば、不稔性の花粉なの?

k-3.jpg

こちらは、めしべ。ぐぐっと手を伸ばして、「受粉させて~~」とアピールしているように見えます。

k-4.jpg

おしべを今度は、実体顕微鏡で見てみようと、落ちていたお花を拾いました。
花が落ちるときに、めしべは子房についた状態で残りますから、この落ちた花にはめしべがついていません。

でも、見たいのは花粉なので、ま、いっかー。


お部屋に持っていって、顕微鏡にセットして、コンデジを準備します。

k-5.jpg

特別な機器がなくても、普通に押し当てるだけで、顕微鏡の画像が撮れるんですよ。

このおしべは、割れています。それに、落ちてしばらくたっていたのか、少し乾燥しているようです。

もう少し倍率を上げてみました。

k-6.jpg

割れ目の中に、確かに見えます。これが、胡蝶侘助の花粉です。

今回は、残念ながら、少し乾燥してしまっている花粉だったけど、ちゃんと確認できたので、満足しました。



では、おまけです。

これは、この間「春分の日」に、記念に作曲したものです。
ジャズ風のピアノ曲を書こうと思っていたのだけど、弾くはしから、忘れてしまうので、詩に曲をつけることにしました。
だけど、詩を書くところから始めたら、どうも時間がかかりそうなので、子供のころから大好きだった島崎藤村さんの詩を、ちょっとお借りして、曲をつけました。

たれかおもはむ大jpeg

     春
       一 たれかおもはむ    (若菜集より)

    たれかおもはむ鶯の
    涙もこほる冬の日に
    若き命は春の夜の
    花にうつろふ夢の間(ま)と
    あゝよしさらば美酒(うまざけ)に
    うたひあかさん春の夜を

    梅のにほひにめぐりあふ
    春を思へばひとしれず
    からくれなゐのかほばせに
    流れてあつきなみだかな
    あゝよしさらば花影に
    うたひあかさむ春の夜を

    わがみひとつもわすられて
    おもひわづらふこゝろだに
    春のすがたをとめくれば
    たもとににほふ梅の花
    あゝよしさらば琴の音に
    うたひあかさむ春の夜を

これは、ピアノ伴奏で歌う、歌曲として作りましたよ。

五段目から六段目にかけてのメロディーが、自分でも気分よく歌えるところです。

DSCN0011.jpg

これは、作っている途中の紙。

詩を書いて、カタカナでメロディーをつける。そして、五線譜に書いてみて、よかったら、楽譜ソフトでお清書。

このソフトでは、そのままmidiデータを作ることもできるので、便利。

コードをつけて、伴奏パターンを指定すれば、自動演奏もできる・・というすぐれもの。

これを使って、編曲するのも、だーい好きな趣味です。


「あざみの歌」のような雰囲気で歌うと気持ちがいいです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

次は…

yuminさんは、本当に趣味が広いね。
作曲や編曲もですか。
しかしパソコンは優れものですね。
楽譜ソフトで清書、そのあと自動演奏まで!
私のPCはそこまでは入っていないので、試すことができません。

顕微鏡の写真、はじめて見ました。
おもしろい!
理科の教科書にでものっている写真みたいです。

卒論は古典で、生物や音楽…
次はどういうyuminさんがでてくるのか…

こんにちは~♪

侘助の見分け方…丁寧な説明 有難うございます~
まさか…顕微鏡が出て来るとは思いませんでした。(^_-)-☆
研究熱心に脱帽です!♪サンキュッ (v^-^v)♪

そして、ご自分で作曲されるなんって・・・
色々才能がおありですね!
羨ましい~~

YUMIさんへ

私は、中学と高校の時に、ブラスバンドだったんです。中学の時は、自分の分の楽譜は、コピーとかしてもらえないので、自分で、楽譜を写して使っていました。中学の時の音楽の先生は、ものすごーく厳しく、細かく楽典をおしえて下さったので、その後の音楽人生に、とても役立っています。

大学の時からは、混声合唱団に入り、アルトを担当していました。
今の旦那は、大学と社会人の時の合唱団の仲間です。

それで、自然と、ハーモニーを作るのが好きになったというわけ。

私が使っている音楽のソフトは、ミュージックプロというもので、39.800円もしますが、十分、元はとれている気がします。

作ったデータを、SDカードとかUSBとかに入れて、対応しているキーボードや演奏機器に入れると、まるでそこで本当に演奏しているように、聞こえるんですよ。いろんな楽器も重ねられますし、ドラム類も充実しています。

コスモスさんへ

私が主に使っているのは、実体顕微鏡という種類です。
普通の顕微鏡は、スライドガラスの上に薄く切って載せ、下からの光で透過して画像を見るでしょ?
でも、この実体顕微鏡は、要するに、高級虫眼鏡のようなもので、ライトは上から、下から、切り替えができ、そのままの状態で拡大して見ることができるんです。

外にも持ち出して使える「30倍タイプ」と、電源コードをつないで使う「20倍、40倍切り替えタイプ」の二種類を使い分けています。

直接パソコンに画像が映る顕微鏡も持っているのだけど、ちょっと面倒なので、あまり使わなくなりました。

携帯用顕微鏡をあと二つ持っていますが、それも、あんまり使いません。

やっぱり、お花の観察には、実体顕微鏡が一番見やすいです。


音楽に関しては、カーステレオで好きな歌手の曲を流しながら、自分でハーモニーをつけて二重唱にしたりするのも、好きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://kororin912.blog.fc2.com/tb.php/40-30f60cbf

yumin

Author:yumin
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

by mitti0

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。