カメラと音楽と手作り大好き

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

8-8.jpg

さて、いよいよ5回目の手術についてのお話です。

実は、昨日記事を書いて、保存したはずなのに、出てこないんですよね。単に時間がかかっているだけかも・・・とも思いましたが、あまりにも遅すぎるので、もう一度書きます。

お腹への注射を二年間続け、5年間毎日アリミデックスを1錠飲んで、無事ホルモン治療が終わって、あとは、定期的に検査に行けばいいだけになった頃、それは起きました。



ある夜、妙に、右のお乳が柔らかいなぁ・・・と思ったのだけど、いつものように、(ま、いっかー)と、そのまま寝てしまったのです。そして、翌朝目覚めたら、

あら? 右胸がペッタンコ。 中身が無い・・・・

ま、しかし、ブラの詰め物は持っているので、あわてずさわがず、そのまま仕事に行きました。

なんなら、もうこのままでもいいかも、なんて思いましたけど、食塩水の入っていた袋を放置していては、体によくなさそうです。それで、やっぱり病院に行くことにしました。

次の日休みを取って(平日の午前中しか診察がないので、休まないと行けません)、主治医の先生のところに見せに行き、
「つぶれちゃったんですよね。ま、このままでもいいんですけど、中の袋は取った方がいいんじゃないかと思って来ました。」

と言うと、

「せっかくだから、入れましょうよ。今度は絶対につぶれない、丈夫なのを入れますからね。ただ、一番大きいのを入れても、左側より小さいと思いますけど、いいですか?」

「はい、かまいません。」


というわけで、またまた手術をすることになったのでした。

今までの手術で、3回同じところを切っています。乳輪の上半分の半円状に縫い目があるの。(つまり、乳首はなくなっていない)

今度もまた同じところを切るのかと思ったら、脇のところから入れるとか。

手術が終わったあとで見たら、2cmくらいのもので、前から見たら全く目立ちません。
今では、もううっすらとした痕が少し残っているだけです。

左右の大きさは、今でも違っていて、私としては、無事な方の左側を小さくする手術をしたいのだけど、それは美容整形になってしまい、保険がきかないのでそのままです。
それに、下手にいじって、それが原因で癌が発生したらいやだもん。


というわけで、左右の大きさは違いますけど、その後は何事もなく、無事に過ごしています。

2003年の夏に発見し、8月、9月と何度も手術した私。

この夏で、丸12年となります。

このまま、無事に過ごせたらいいな・・・・







関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

yumi

Author:yumi
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

この人とブロともになる