カメラと音楽と手作り大好き

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

8-7.jpg

無事、全摘手術も、その後の血管結び直し手術もすんだ私でしたが、この後が大切なんですよね。癌細胞の性質をきちんと検査して、今後の治療方針を決めないといけないのです。

とにかく、いろんな本を読み漁っていましたから、放射線治療とか、抗がん剤治療とか、薬剤による治療とか、どれになるのかドキドキしながら待っていました。

せっかく手術しても、再発して悪化したら、いくらステージ1でも命の危険はあるわけで・・・・

その頃、私の一番下の子どもが6年生だったので、「卒業式に出られるだろうか?」とか、「次の桜は見られるかしら?」とか、いろいろと悲観的なことを考えてばかり。

で、検査結果を聞きに行くと、私の癌細胞は、女性ホルモンにものすごーく関係しているタイプ(たしか、3+か何か)だとわかったので、ホルモン治療のみでいくことになりました。

つまり、抗がん剤治療とかをしないから、髪の毛は抜けないということ。おまけに、胸には食塩水のバッグがもう入っているから、放射線治療もしない(中で発熱して、硬くなるとか)。
それで、これからは毎月1回、おなかにホルモン抑制の注射をすることを2年間、毎朝1錠アリミデックスという小さな薬を飲むことを5年間続ける・・・ということになりました。

このおなかへの注射が、なかなかのもので、太い金属の注射器なんです。看護師さんに尋ねたら、小さなカプセルのようなものを、プシュッと打ち込んでいるのだとか。
これが、なかなか痛い。というか、人によって痛かったり、何ともなかったり。
二年間で24回打ったわけで、おなかのあちこちに、小さな点々が残っていました。

女性ホルモンを二種類とも抑制したおかげで、当然のごとく、いきなりの更年期
すごかったですよー。

少しでも走ると、心臓が喉から出てきそうなくらいの動悸、息切れ。そして、突然ののぼせと発汗

だけど、きっと、抗がん剤治療よりも楽ちんだったはずですね。

それは、無事、5年間のホルモン治療が終わった頃のことでした。

なんと、5回目の手術が待っていた・・・・




関連記事
スポンサーサイト

コメント:

こんにちは。
ご無沙汰していました。
退職なさったのですね。
私は退職してもう4年たちます。
ブログや、ブログをはじめたことではまった写真で、楽しく過ごしています。
yuminさんは趣味が広いようですが、また新しいこともはじめられるのかな?
月見草、かわいいですね。

ありがとうございます。

ようやく退職生活に入り、まだ体が動くうちに・・・と思い、いろんなことをやっていますよ。

ただ、昨年秋に人工股関節の手術をしましたので、運動関係は自粛しています。

またお世話になります。
よろしくね。

おはようございます。
何度も手術をされたのですねぇ~
私は再発してから9年になります、あと1年と
言われています。
術側はおぺちゃなんですの、再建はうけて
いません、放射線受けたあとも固くて
、でも、おぺちゃなのに、今は少しだけ
膨らんでいます、体の不思議を感じています。
あら、自分のことばかりごめんなさいね。

ムームーさんへ

再発してからは、ドキドキの生活が続いてらっしゃることでしょう。何年たっても、「もう安心」とは思えないですものね。

手術してからは、なんとなく、温泉とか近所の「○○の湯」みたいな場所に行く気にはならなかったのですよ。

ぱっと見、大きさが違うし(手術した側の方が良い形)、乳輪のところに傷のひきつれが残っているので、なんか尋ねられるのがいやだったの。

退職したし、もういいかな・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

yumi

Author:yumi
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

この人とブロともになる