kororin日記

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
amanatu-4.jpg


さて、全摘手術をしたのに、知らないうちに(説明されていたはずだけど、よく聞いてなかった。)ふくらみができていて、無事退院した私ですが、それからがまた、ちょっとね。

退院して3日後に、職場の同僚が自宅にお見舞いに来たんです。本当は病院に来る予定にしていたらしいのですが、私があっという間に退院してしまったので、しょうがなくて、うちまでやってきてくれました。

楽しく、わいわいおしゃべりをして、同僚たちが帰ったあと、なんとなく気分が高揚していたので、その足で近所のスーパーに出かけました。
足が悪いわけでもなく、食べられないものもない、お風呂も普通に入れる・・・というわけで、油断していたのです。


ちょっとかがんで、下の方にあったティッシュを取ろうとした瞬間、何か胸のところで、ピチッと音がしたような。

だけど、別段痛いわけでもなかったので、そのまま買い物をすませ、家に帰りました。

しかし、なんとなく、だんだんと右胸がふくらんできているような気がして、(おかしいな・・・)と思って、病院に行った方がいいかな、と出かける用意をしていたら、なんかパンパンになってきて、あわてて病院に電話しました。

買い物に行ってかがんだ時に、ピチッと音がしたような気がする、という話をしたら、すぐに病院に来るように言われ、車で出かけようとしたら、突然、くらくらっときて、目の前が真っ暗に。

こうなると、運転は無理。旦那はまだ帰宅してないので、救急車を自分で呼びました。で、ストレッチャーに乗せられて救急車の車内に入ったら、ますますおかしくなって、血圧が53とか言われたよ。

「○○病院です。もう連絡してあります。」ということは、必死で伝えたけど、意識朦朧でした。


病院についたら、もう夕方だったのに、なんか、6人くらいのお医者様とたくさんの看護師さんたちが待ち構えていて、すぐに手術室に運ばれました。


ようするに、うっかりかがんだ時に、中で血管が開いてしまって、右の乳房内で大出血していたというわけです。

またまた全身麻酔の手術だったわけですが、麻酔から覚めたら、主治医の女医さんが、「電話で話を聞いたときに、何が起きたかすぐにわかりましたよ。今度はよーく血管をしばっておいたから、大丈夫ですよ。」と言われました。

それからまた、3日ばかり入院して、無事退院。

びっくりしたのは、職場の同僚たち。あんなに元気におしゃべりしていたのに、その後救急車で運ばれて緊急手術をしたのですから・・・・


さて、これで、手術は、4回。

同じ傷口を何回もあけているのですけど、なんせ乳輪のところ上半分くらいだけだから、また透明シールを貼っておしまい。

もう大丈夫よね。

と思ったけど、まだ続きがあるのでした。






関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

yumin

Author:yumin
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

by mitti0

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。