カメラと音楽と手作り大好き

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

amanatu-3.jpg

さて、センチネルリンパの検査の手術に続いて、部分切除の手術を終えた私、切除した腫瘍の検査結果を聞きに行きました。
すると、腫瘍よりも大きめにくりぬいたのにもかかわらず、そのお肉の周りに癌細胞が、点々とあったのですって。
 つまり、癌細胞が右乳房の他の部分にも散らばっている可能性があるわけで、全摘した方が安心だろう、ということになりました。

せっかく、温存手術をしてもらっていたのですが、結局、中身を全部取ることになったわけです。

でも、しょうがないですね。 そこで、また次の手術日を決めて帰宅。

それからは、買い込んでいた乳癌関係の書籍をもう一度読み返しました。全部取ったら、ぺったんこになるわけだから、ブラとかも工夫しないといけないし、その後、また再建手術をするとしたら、半年後?? また手術するのよね、
なんて、いろいろ考えていました。

では、ここで、記念すべき一枚の写真を。

8-1.jpg

ちょっとグロいので、サムネイルにしてありますが、これは、2004年の8月4日の術後1年の検診日に、検査の途中でカルテの写真を撮影したもの。 私はその病院でそれまでにも何度も手術していましたから、カルテがとても分厚くて、いろんな写真とか資料がいっぱい入っていたの。それを持ち歩いての検査だったから、途中、ちょうど持っていたデジカメで撮らせてもらいました。

右の乳房の中身なんだけど、前回の手術で取り除いた部分が、ちょうど目の穴みたいで、お面のような形です。


このお肉を取り出した全摘手術も、全身麻酔で、あっという間に終了。

気づいた時に、思わず手を当てたら、
あらら・・・・ ペッタンコじゃない!!中身がある!!

(なんで??)

全部取ったのに、ちゃんとふくらんでいるのは、なぜ?

やってきた担当の先生に尋ねたら、全摘した後、そのまま同じ傷口から生理的食塩水のバッグを入れたのだそうです。一番大きいサイズのを入れていただいていたのだけど、それでも左よりも小さ目。
ま、いっかー。

今回も、脇の廓清は全くしていないので、一週間ほどで退院。

ここまでで、手術は3回ですよね。 

というわけで、まだまだ続く、乳癌の話。





関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

yumi

Author:yumi
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

この人とブロともになる