カメラと音楽と手作り大好き

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

23-3_20170825202905f93.jpg

無事完成したので、今度は大きなタペストリー(壁掛け)に取り掛かりました。刺し子のいろんな模様が散らばっているものなので、案外早く出来上がりそうです。

24-3_20170825202907f1e.jpg

色っぽい女の子の写真です。


最後に、
18-4_20170825202907690.jpg

インクの色は、山葡萄。
スポンサーサイト
いろんなサークルに入っていて、その練習もあるのですが、合間にいろんな手作りを楽しんでいます。

先日からやっていたレジンも、だんだんと数が増えてきました。


これが、一昨日。
19-3_201708212345566e9.jpg


これが昨日。
20-2_2017082123455736d.jpg

100均で買ったモールドが役に立っています。

21-1_201708212346002e5.jpg

手前右側の小さなものは、ボタンの足とか、ヘアアクセサリーのゴム取り付けの輪とか、いろんなミニパーツ用の型です。



しかし、まあ、レジンばかりやっていてアレルギーとかになっても困るので、今度は刺し子をやっています。

21-2_20170821234602c84.jpg

さらしの布に、模様がプリントされている「花ふきん」を、だいぶ前に買って放置していたもの。ようやく取り掛かりました。

思いのほか糸を消費したので、途中で足りなくなり、似た糸を使って続きを刺しています。前回、派手派手にしたので、今度は紺色一色にするつもりなんです。
いいのができるといいな。


これは、8月の初めに刺した花ふきんです。カラフルすぎかも・・・
1-1.jpg
最近、ちょっと気になっていたスクラッチ画。昔は、クレパスで画用紙をいろんな色に塗り分けて、その上からさらに真っ黒のクレパスで塗りつぶしてから、先のとがったものでひっかいて花火大会の絵なんかをかいていましたよね。
それが、最近、「大人の塗り絵」に続く物として「大人のためのヒーリングスクラッチアート」「ラゴデザイン スクラッチ・カラーリング」なんかが流行っているみたい。
確かにキレイだし簡単そうだから、やってみたい気がするけど、また本が増えるのもなんだから、手軽に描いてみることにしました。
100均にも、レインボーアートとして、すでに真っ黒になっている紙が売られているらしいけど、できれば、自力で下絵からやりたい。

ということで、やってみました。

16-1.jpg

とにかく、クレパスは手が汚れていやだから、使いたくない。というわけで、ずいぶん前から持っているポスカを使ってみることにしました。そして上から塗りつぶすものとして、アクリル絵の具を台所用洗剤で溶いた物が使えるらしいとわかったので、やってみたのが、上の写真の絵。

ポスカの上に直接絵の具を塗ると、あとで剥がしにくいかも・・・と思い、水性アクリルニスを塗っておいたら、これが大正解。黒の絵の具がするすると気持ちよくはがれてくれましたよ。

ただ、この時使った洗剤の匂いが好きでなかったので、二枚目は別の台所用洗剤で溶かしてみました。

16-2.jpg

前回の下塗りが幾何学模様だったので、次はハートいっぱいの可愛い模様にして、小さい柄でもいろんな色が見えるように。

16-3.jpg

アクリル絵の具を洗剤で溶いておくと、乾いたときに、練り消しのカスみたいな感じでとれます。だから、つまようじの先についた塊を、ティッシュで撮りながら描いていきました。

ま、しかし一応満足したので、しばらくはやりません。

12-1.jpg

「あっ、そうだ、プラバンでなら、もち文鳥が作れる・・・」と思いついて、さささっと下絵を書いてから作ってみました。
以前プラバンにはまっていたことがあるので、道具や材料はすぐに出てきます。

プラバンはとても手軽に丈夫なストラップなんかが作れるので良いのですが、惜しいことに、縦横の収縮率が違うの。だから、少しつぶれるか、縦に伸びるか・・・

熱を加えてみないと、その方向がわからないので、新しいプラ板を使うときには、縦と横の二種類作ってみます。で、方向がわかったら、その具合を見て、下絵を少しつぶしておく・・・とかいうことになります。

でも、真ん丸のボタンを作りたいな、と思うと、これがなかなか難しい。まずは縮んだあとで円になるようにつぶれた円の下書きをしなくてはいけません。次に、円切りカッターを持っていないので、ハサミで切ることになるのだけど、きれいいに切るのが難しい。

というわけで、ボタンはレジンで作ってみました。

11-3.jpg

レジンなら、〇の中に液を流し込めば、円のボタンができますし、ボタン穴もあいた型がちゃんとあるので、ラクチン。

編み物で、ベストとかカーディガンを編んだ場合、その編地のイメージに合うボタンを手芸店に買いに行くと、なかなか大変なんです。まず高いし、なかなかぴったりするのがない。100均にもボタンはあるけど、無地かかわいらしすぎるものとか。
レジンの型を使って、自分の欲しいデザイン、色の物を自分で作ることができるのだから、最高です。
ま、今回作ったのは試作品で、さしあたりつける予定の物はありません。
手提げの口があかないように、ボタンをつけることもあるので、そんなのに利用しようかな・・・


さて、昨日「かな書道教室」でがんばって作品を提出してきたので、今度は、次の「三線教室」の予習をしました。
13-1_2017081320573896c.jpg
前回の終わりに、「次はこの曲をしまーす。」と配られていた工工四(三線の楽譜)を覚えやすくするために、ひとまず五線紙に書いてみるの。そうすると、私の場合、曲の構成とかもすぅーっと頭に入ってくるので、あとの練習がとってもやりやすくなるのです。

納得がいったら、あとは工工四をみながらの演奏の練習をします。 今回はYoutubeにいっぱい動画が出ていたので、歌のメロディーも覚えやすくて、うれしいです。

とても明るく、にぎやかな曲なので、楽しく歌えるように、しっかり覚えようと思います。
8-1_201708082203099d6.jpg

8-2_201708082203113a0.jpg

前回の日記にのせたのは、白文鳥の「もち」 今回のは桜文鳥の「ころ」です。
写真にも書いている通り、娘はオスだと思って飼っていたらしいです。それが、ある日仕事から帰ってきてからケージを見たら、卵が落ちて割れていたらしい。それでメスだとわかって、「ゴロー」から「ころ」に改名。

本当に落ち着きがなく、いろいろ飛び回ったり、つついたり、のぞき込んだり・・・ せわしない。

でもね。

8-5_201708082203150dc.jpg

こんな風に、大人しくなることもあるんです。

その秘密はね、

8-3_20170808220312835.jpg

歌を歌って聞かせること。すると、とたんにおとなしくなって、こんな風に下まぶたを上げて、目を細め、じっとしているうちに、うとうと。

8-4_20170808220313b68.jpg

小さい子が、何か食べながらでも、眠くなったら途端に寝てしまう、あの感じで、カクッとなって、起きて、またうとうと・・・

私が歌っている間はずっとこんな感じですよ。

ちょっと嬉しい。
ここ数年、レジンアートが流行っているのは知っていたのですが、これ以上趣味を増やさないでおこうと思い、我慢していたの。
でも、ついに、レジンに手を出してしまいました。

まずは、100均に行って、レジン液を購入。

6-1.jpg

以前、プラバン作りにはまっていたことがあるので、材料の残りがたくさんあります。それで、ちょこちょこっと作ってみました。
リコーダーケースは重いので、いつも仏具店で買った端切れで作った笛袋に入れて持っていくのですけれど、くるくるっと回したひもを固定するのに使う留め具を作りました。

プラバンだと、好きな形の物を作ることができます。

で、気をよくした私、またまた100均に行き、今度はモールドというレジン用の型を買ってきました。

7-4.jpg

透明のレジン液しか買っていませんでしたが、パステルを混ぜると色を作れるとわかり、これまた100均で買っていたパステルを取り出して、グラデーションをつけてみましたよ。

表面のラメは、100均で買っていたゴールドのマニキュアです。ちょっとだけ、ラピスラズリの雰囲気になって、うれしい。


では、最後に、我が家の文鳥からもご挨拶。

7-5_2017080716360502d.jpg

二羽いるうちのおとなしい方の文鳥です。この格好のまま、一時間でも二時間でもじっとしています。私が構うと、反応を示しますが、本を読んだり、動画を見たりしている間は、ひたすらじっと待っている「もち」です。
4-1.jpg

この写真は、サークルが終わって帰る、バス停で撮ったものです。日陰にいるのに、道の反対側のビルに反射された光が当たって、ものすごく暑かった。

今日は、午前中は「世界の名曲」を原語で歌うコーラスサークル。そして午後は、バロック音楽を中心に、リコーダー演奏するサークルに参加しました。どちらのサークルも今度演奏会がありますので、だんだんと気合が入ってきました。

世界の名曲では、ロシア語、ドイツ語、英語、イタリア語、ナポリ語の歌を歌います。全部歌詞を丸暗記しましたので、指揮者を見て、ばっちり歌っていますよ。

かな書道の作品展示会は秋の終わり、そしてオカリナと三線の発表会は次の春ですから、まだのんびりムード。

いろいろあって楽しいです。

3-4_201708042103467ef.jpg
1-3.jpg

「万年筆を使うぞ!!」と決めてから、ずっとしまいこんでいたペンに次々とインクを入れて、詩を書いて楽しんでいます。
1-4.jpg

万年筆で縦書きに文字を書いていると、まだ乾かないうちに、右手が紙面を汚してしまいます。この点、左利きの人はいいですよねー。右利きの私としては、縦書きを、左から右へ書いていきたいのですけど、そういうわけにもいきません。

それで、書き終わったところに、吸い取り紙とかいらない紙をのせて、こすらないようにして書いたり、上の写真のように、腕枕を使ったりします。この腕枕は、写経用品として売られていた物を参考にして、自分で作りました。

3-3_2017080309533950f.jpg

一つあれば十分なのですけど、作るのが楽しくて、ついつい増えてしまいましたよ。この板の下を紙が通るので、腕枕は動かさず、紙の方を移動させて書いています。

3-1_20170803092039c39.jpg

さて、今日も暑そうだから、家の中で過ごしてしまいそうな予感・・・
30-1.jpg

毎日暑いから、買い物に行くのも夕方。洗濯物があっという間に乾くのはありがたいですけどね。

29-2.jpg

涼しいときには、庭にでて花の写真を撮ったりしていたけれど、こう暑くては命の危険すら感じます。

というわけで、家の中でできる遊びをしています。

yumi

Author:yumi
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

この人とブロともになる