カメラと音楽と手作り大好き

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

Helleborus-4.jpg


今日は、ちょっといいことありました。
仕事を終えて、帰ってきたら、郵便受けに、小さなお届け物。

見ると、中学と高校の時の、同級生の名前が・・・。


この人は、実は、私が初めてデートした人なんです。
中学生の時、二人で、ザ・タイガースの映画を見に行ったんだった。


その人が、今日、私に送ってくれたものは、自分で作詞作曲したCDでしたよ。

その人の会社で、発売したもののようで、定価1,050円と書いてありました。


1,050円のものをただでもらったのが、いいことなんではなくて、

CDを作ったときに、私のことを思い出して、送ってくれたことが嬉しかったの。

曲は、2曲。「桜の詩」と「草原の風

なんだか、懐かしい曲です。

youtubeでも聴けるようですが、ここに載せる方法を知らないので、リンクを貼ります。

桜の詩


ピアニストであるこの人の息子さんからのハガキも同封されていました。

桜の季節が待ち遠しいですね。父の渾身の作品なので、ぜひ聴いてください。」

はい、聴かせていただきます。

嬉しい、お届け物でした。


スポンサーサイト
アネモネ

実は、この一週間、今にも死んでしまうのではないか・・という恐怖と、あせりで、どきどきの連続でした。

先週の木曜日の朝、いつも通り、5時半に目が覚めて、トイレに行ったら、「むむ、下血??」

私は、8年前に、乳癌で右側の乳房を全摘しています。だから、再発していないか、ずーっと定期健診を受けているのだけど、下から出血したということは・・・・

痔持ちではないので、大腸からの出血を疑い、すぐに、乳癌の手術をした大きな病院に行く準備を始めました。
もちろん、仕事場には、休むという連絡を・・。

同居している母に言うと、きっと心配するので、いつも通りに家を出て、早朝から病院で待ちました。

いよいよ呼ばれて、まずは、血圧測定・・・

するとですね、なんと、まあ、上が190を超していたんです。下も154なんて、とんでもない数値です。何回測っても、ものすごい高血圧なので、内科の先生とは、下血の話だけでなく、高血圧の相談まですることになってしまいました。

その場での触診の結果、「痔ではないでしょうし、届く範囲には腫瘤はありませんね。来週大腸内視鏡検査をしましょう。念のため、血圧の検査もしておきましょう。」ということになりました。
15分間の安静後、血液を採取して、予約センターに行き、次週の大腸検査の予約をしましたよ。

大腸癌だったら、どうしよう・・・ 高血圧で、血管が破れたらどうしよう・・・

実は、父も祖父も、父方の従兄も、高血圧で、大動脈瘤破裂で亡くなっているんです。

もう、どきどきでした。

さて、この病院は、平日の午前中しか診察がありませんので、検査とか手術をするのにはいいのですが、高血圧については、自宅の近所のかかりつけのクリニックに行くことにして、さっそく、病院のはしごです。


二つ目のクリニックで、わけを話し、高血圧の薬を処方してもらいました。そして、180を超えるようなときは、すぐに飲むようにと言われ、別のカプセルももらいました。

その帰りに、薬局で血圧計を購入し、スーパーで黒酢ドリンクを購入し、自宅に帰ってからは、カリウム剤とアミールSという高血圧に効くらしいトクホのドリンクを注文しました。


もう、あせりまくりです。


職場では、ひたすら感情を高ぶらせないように、自分を言い聞かせて過ごして、一昨日、大腸内視鏡の検査を受けました。

これがまた、苦しかったです。

「ムーベン」という「ムーブ」と「無便」を合体した名前の下剤を、なんと2リットルも飲んだのだけど、しまいには、ごくっと飲むたび、おぞましさで体がふるえるくらいでしたよ。


で、検査の方だけど、内視鏡が入っていくのはいいのだけど、中に空気を入れられるのが、とても苦しかった。

「はい、終わりましたよ。きれいなもんです。」と言われて、嬉しかったのだけど、もうお腹がぱんぱんに膨らんで・・・油汗が額ににじんで、よたよたと検査室内のトイレに入り、少しずつ空気を出しました。

スーーーッ、スーーーッと空気が出るたびに、少しずつ楽になっていくので、よかったのだけど、いったいどれだけ入っていたのでしょう。
終わるときに、抜いてくれたらいいのに・・・と思いました。


大腸癌の心配はなくなって、あとは、高血圧だけです。

こちらは、クリニックで両手両足、両手首、心臓に器具をつけての検査があり、血管年齢というのを測定してくれました。


するとね、「血管は、まだまだ若くて、柔らかいから(実年令より、20年くらい若いという診断)、動脈硬化とか動脈瘤とかの心配はいらないでしょう。」とのこと。こちらも、なんとか、無事でした。

今朝の血圧が、上が146で、下が110。まだまだ高いのだけど、これから食事や運動、睡眠などで、少しずつ改善していきたいなと思っています。

あー、よかった。


アネモネ3


まだ、幼稚園にも入ってない頃、母に連れられて行った映画館で見たものは、
甘いマスクと、甘い声の・・・

エルヴィス・プレスリーの映画でした。

スポーツカーみたいなのに、数人の男女が乗っていて、エルヴィスの歌が流れ、みんな楽しそうにしているシーンが、今も頭の片隅に残っているんだけど、あれは、何の映画だったんだろう??
ハワイアンなんかもあったから、「ブルー・ハワイ」かもしれません。

10年ほど前に、ふと思い立って、エルヴィスの映画のDVDを全部買いそろえて、見てみました。

「アッカプルコ・・・」という歌詞にも聞き覚えがあるから、きっと「アカプルコの海」という映画も見ています。
「ラスベガス万歳」も、見た気がします。

アネモネ2


母は、私を20歳で生んでいますから、その頃、まだ二十代前半。
エルヴィス、ロカビリー、そして、ベンチャーズが好きな母でした。

おかげで、小さい時から、レコードで洋楽を聴く機会が多かったですよ。

あとは、ラジオが一日中ついていたので、そこからも、洋楽がいつも聞こえていました。

60年代ポップスは、私の音楽の原点です。

エルヴィスの他にも、ポール・アンカ、ニール・セダカ、コニー・フランシス、ボビー・ソロ、プラターズ、スリー・ディグリーズ・・・
曲名はわからないままに、体に染み込んでいる気がします。

今でも、よく聴きますよ。





ゆき5
昨日から降り続いた雪のおかげで、ここ九州の福岡でも、雪景色となりました。
それで、デジイチかかえて、庭に出て、ぱちりぱちりと撮りましたよ。

普通に雪景色を撮っていたのだけど、ふと見ると、雪の結晶がはっきりわかります。

それで、マクロ写真にチャレンジしてみました。

ゆき4

これは、成長した結晶と、未分化の結晶とがいっしょに写っています。


ゆき6

こちらは、まだ小さな結晶が、いっぱい固まっていますね。

ゆき2


ゆき8


ゆき2


ゆき3

結晶のまま、枝にひっかかっているたくさんの雪たち。

「雪は、天から送られた手紙である。」というのは、物理学者の中谷宇吉郎さんの言葉。

さて、この雪たちは、私のところへ、どんなお手紙を届けてくれたのでしょう。


では、最後に、この写真を載せます。
下の方に写っている雪の結晶が、私には、十字型に見えるのですが、いかがでしょうか??

運命のいたずら??


ゆき1

amimono.jpg
私が、編み物を始めたのは、小学生の頃。
母がよく編んでいたので、見よう見まねで、始めました。
最初はかぎ針編み、そして、中学生のころからは、棒針も使って編み始めましたよ。
amimono2.jpg
amimono3.jpg
(拡大画像です。)



それからは、毎年毎年、編んだものが増え続け、衣装ケース何個分もあります。

amimono4.jpg

これは、冬用の、ロングスカート。室内用です。裏地をつけたので、ものすごく暖かいです。

bluevest.jpg

これは、もう少し色が濃いのですが、ジャケットの中に、気軽に着れて、色も合わせやすいので、重宝しています。
ao.jpg


dotvest.jpg
これは、綺麗なつぶつぶの入った糸を買ったけど、どう使うか悩んだあげく、ベストにしたもの。ゆったりと編みました。
amiji2.jpg
こんな編地です。

pinl.jpg
これは、お気に入りのベスト。牡丹色というのかなぁ。

redvest.jpg
これも、良く着ていくベストです。こちらは、真っ赤。

sweater.jpg
これは、旦那に編んであげたものだけど、暖か過ぎて、なかなか着る機会がないようです。



mafura-1.jpg
mafura-2.jpg


これは、ベストやセーターを編んだ残りの糸で作ったマフラーたち。

bousi.jpg
娘には、こんな帽子も、編んであげました。
小さい頃には、にせものの三つ編みのついた帽子を喜んでかぶっていましたけど、こんなのも、可愛い。

DVDをよく見るのですけど、見ているときには、必ず何か作っています。
それで、自然と、増えていくのですね。

義母とかにあげると、大喜びで持って帰り、ご近所の人に『嫁が編んでくれたのよ。』と、自慢しているそうな。
まあ、ありがたいことです。



CD-BOOK

今日、帰宅すると、アマゾンで頼んでいた関口さんのCD-BOOKが届いていました。夕ご飯の支度もしないで、すぐに聴き始めたのだけど、これが最高!!

実は、一月の終わり頃から、契約しているNHKオンデマンドの特選見放題コースの中の関口さんの番組を続けて見ていたのです。
放送されていた頃、何回か、中国の旅を見たくらいでしたから、ほとんど、初めて見た状態でした。

関口さんが、いろんな駅に行き、いろんな人たちと出会い、自然の中で何かを感じ取っていく旅は、妙に感動的で、涙ながらに見たりしました。

それで、オンデマンドで見られないものについては、DVDを購入して、すべて見ました。

その番組の中で作曲されていた曲を、今度はきちんと聴いてみようと思い立ち、このCD-BOOKを購入したのでしたけど、買ってよかったです。

エッセイを読んで、関口さんが、ほとんど独学で音楽と親しんできたことを知りました。

歌手の子供ということで、小さい頃から、ピアノやバイオリンなんかを習っていたのだろうと思っていたのに、意外でしたよ。

このオリジナルCD「心声」は、最高です。



三線
これは、私の三線です。

四年前に買いました。

以前いた職場で、バンド演奏に加わるように頼まれたとき、「『島唄』をやるから、この三線を弾いてほしい。」と言われ、その日の午後が本番なのに、二時間くらい練習しただけで、なんとかメロディーを覚えて、演奏できたんですね。

それが、ちょっと自信につながって、ついつい自分でも購入してしまいました。

sansin-4.jpg


それから、職場が変わって、全く新しいメンバーと、またまたバンド活動をすることになったとき、「私、三線持ってるよ。」と言うと、『涙そうそう』を演奏することになったの。

三線って、ギターと違って、指が痛くならないんですよ。
難しいのは、調弦するときかな? 微妙な操作が必要となります。でも、少々ずれていても、味わいのような気もするし、気軽に弾けると思います。

sansin-7.jpg


三味線も、弾かせてもらったことがあるけど、退職して時間がたっぷりできたら、本格的に習ってみたいものの一つです。


sansin-3.jpg


ヘレボルス

おはようございます。
今日は、職場でやってる「バンド活動」について書きます。

うちの職場は、ちょっと変わっているのか、職場のボスも入っているバンドがあり、年に二、三回、ライブもやっているんです。
昨年の春には、福岡市一の繁華街「天神」のど真ん中のライブハウスで、演奏することもできました。

練習は、職場の練習室で、みんな、自分のアンプにつないで、がんがん鳴らしていますよ。スタジオを借りたりしないでいいのが、ラッキーです。(固定メンバーは、リードギター2名、サイドギター1名、ベースギター1名、ドラム1名、キーボード1名、女性ボーカル1名の、合計7名です。あとは、曲によって、職場内でスカウトしてくる)

さて、どんな曲をやっているか、というと、若い人たちにはちょっと微妙かもしれません。

一番ノリノリで受ける曲は、ZARDの「負けないで」。私はベースギター担当なので、イントロからデデデデデデデデデ・・と弾きまくりで、楽しいです。
渋いところでは、SANTANAの「Black magic woman」もお気に入り。ボーカルの初代は若い女性でしたが、昨年は、渋い中年男性をスカウトできたので、なかなかの雰囲気がでました。(その時は、ラテンの打楽器担当をスカウトして、総勢10名でした。)

ビートルズの「Let it be」をやった時は、ピアノとキーボードが必要だったので、私がキーボードに入りましたよ。

チューリップの「銀の指環」も、弾いていて、なかなか楽しい。

次回のライブに向けての練習は、まだ始まっていませんが、何をやるか、楽しみです。

(「ツイストアンドシャウト」がやりたいのだけど、今のところ、シャウトしてくれるボーカルが見つからないのです。)





バッグ
これは、京都に行ったときに買ってきた端切れを組み合わせて作ったバッグです。

仕事で必要だったB4サイズの書類が、そのまま入るように、作りました。



バッグ
こちらは、A4サイズがゆっくり入る大きさに作ったバッグ。

端切れの柄や色が気に入ったので、デザインをシンプルにしましたよ。

なべしき

その端切れの、さらに残りで作った「なべしき」。

京都産業会館「みやこめっせ」で買った端切れが、大活躍しています。



葉っぱ3

このごろ、目の使い過ぎなのか、時々眼球が振動するのと、視野の隅っこに光が走るのが気になってます。

普段の生活が、平日なら、夜中の一時半頃寝て、五時半起床・・・。金曜日と土曜日は、可能な限り起きていて、パソコンの椅子でうたた寝するだけ・・・というハードな生活のせいでしょう。

まあ、これは、仕事ではなくて、DVDを見ていたり、ギャオやNHKオンデマンドでのドラマ視聴によるものですから、全くの、「自業自得」

目が疲れるのも、無理はありません。
それに、編み物や、パズル、読書なども、目の酷使につながっています。

将来、老眼になってしまって、すぐ目が疲れるようになったら、どうしようか・・・とドキドキしています。


葉っぱ2 

今、うちにはペットがいません。

昔はいたの。

私が子供の頃、海辺の町に住んでいたときに飼っていたスピッツは、「メリー」ちゃん。
キャンキャン、よくないてたよ。

でもね、ある日、帰ってこないなと思ったら、車に轢かれて死んでました。

当時は、放し飼いだったのね。


それからしばらくは、犬を飼わないことにして・・・

そのうち、ペット禁止のアパートに移ったから、それからは、金魚とか、熱帯魚とか、カナリアとかを飼っていました。


郊外の庭付き住宅に引っ越してからは、柴犬を飼いました。

名前は、「タロー」

血統書つきの犬の子供を分けてもらっていたせいか、とても賢い犬でしたよ。

でも、私が結婚する前に、ジステンパーで亡くなってしまいました。

コンコン、ケンケン、いっぱい咳をしながら、次第に目の光が変わって行って、ついに亡くなってしまうまで、横について見守っていました。

病院にも行ったけど、手遅れだった・・・

家の西側の庭に、婚約者だった今の旦那に、深い穴を掘ってもらって、そこに埋葬しましたよ。



結婚してからは、ペット禁止の社宅に住んでいたし、次男坊が、ものすごいアトピーで、「犬・猫・米・麦・大豆・日光・ダニ・ほこり」がすべてダメだったから、それからは、よそのペットにもさわらないように暮らすことになりました。


「犬や猫の毛や落屑(フケのようなもの)が、目に入ると、眼球が腫れあがってしまいますから、近づかないように。また、犬や猫の通り道にも、なくべく行かないように。」と、お医者様から申し渡されていたのです。


お天気の良い日に外に連れ出すと、日にあたったところが、真っ赤になって、痒がって眠れなくなるし、野良猫がよく出没する庭にも出られない。犬を散歩させる人が多い通りにも出られない。

というわけで、次男坊は、薄曇りか雨の日に、車で外出、家の中では、空調を効かせて、汗をかかないように・・・
和食はたいていアレルゲンなので、お芋やトウモロコシ中心の食事・・・


米・麦・大豆アレルギーだと、ご飯も、みそ汁も、納豆も、麺類も、ケーキやパンも、それから、ふつうの食用油も大豆だから、ね。





というわけで、その後、私の実家に、二世帯住宅を建て直し、同居するようになってからも、ペットはいません。

ワンコとは、たぶん、もう暮らさないかも。


葉っぱ1

これは、うちの庭の葉っぱ。
紅葉の途中の写真です。

綺麗でしょ?


問題1の答え 

まずは、昨日の問題の答えです。

ちょっと難しかったかも・・



では、今日のテーマについて。

「実家ですか? 1人暮らしですか?」ですけど、私は、今二世帯住宅に住んでいます。だから、実家ともいえますね。


結婚前、二年間くらい一人暮らしをしていたけど、結婚と同時に、旦那が入っていた社宅に入り、そのまま15年くらい暮らしていました。その社宅は、3DKで、家賃9800円。ちゃんとお風呂と水洗トイレがついていましたから、ありがたかった。

一番安いときには、家賃が5800円だったときもあります。

子供が小さくて、保育料が高かったときには、これがとてもありがたかったです。

ところが、その社宅が終了したため、急きょ、私の実家を建て替えて、同居することになりました。


これまた、便利でよかった。


私の親と一緒なので、うっとうしいけど、安心感はありますから・・・

で、盆や正月に帰省することもないから、普段通りの生活が淡々と続いていますよ。

このFC2ブログの特徴として、ワードと同じような使用感での投稿ができるということだったので、ちょっと、やってみることにします。

あら、この時は、リアルタイムでのプレビューは出ないのかな?

では、自分で作ったパズルを載せますね。
これは、真ん中に入れた漢字四文字を組み合わせて、四字熟語を作るものです。
漢字は、上から下へ、左から右へとつながって、二文字の熟語を作るようになっていますよ。

では。


パズル1
玄関の花

無事、日記が投稿されたようなので、今度は、写真を載せてみます。

これは、うちの玄関脇のお花です。
同居している母が、お正月用に植えたもの。

では、またまた投稿してみます。



はじめまして。
今日から、FS2ブログに参加するyuminです。

さて、「時間を忘れて熱中した事・物は?」という、まさに私にぴったりのテーマ。

何から書こうか・・と迷うくらいいろいろあります。

まずは、DVDのドラマ。

私は、普通にリアルタイムでテレビドラマを見ることが、ほとんどありません。

DVDが出てから、まとめて一気に見ます。

日本のドラマは、そんなに回数が多くないので、楽ちんですけど、韓国ドラマやアメリカの人気ドラマだと、とても大変です。それこそ、平日でも徹夜してしまいそうな勢いで、毎晩見ることになります。

最近では、「Xファイル」を、第一シリーズから最終シリーズまで、全201回分をまとめて見ました。

一つの回が、だいたい45分間くらいですので、そりゃあもう、長かった・・・・

結局、年末から見始めて、最後の回を見終わったのが、一月の末。25日間かかりました。

普段は、フルタイムでお仕事しているので、平日は、夜しか見る時間がありません。だから、ついつい、夜更かししてしまうことに・・・・



まだまだありますが、まずは、ここまでで、投稿してみます。



yumi

Author:yumi
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

この人とブロともになる