kororin日記

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 DSC_0045.jpg

 我が家には、普通の赤いヒガンバナはないのですが、ついこの間まで、白花曼珠沙華が咲いていました。

その後に、今度は、黄色の鍾馗水仙が次々に咲き始めました。

 DSC_0048-のコピー


 昨日は、夜中からの雨が残り、午前中いっぱいまでは、土砂降り。あがるのをまって、写真を撮りましたよ。

 使ったレンズは、昨日届いたばかりのタムロン90mmマクロの新しい方。手振れ補正機能もついて、ますます綺麗なボケ画像が撮れるらしいので、楽しみです。

 DSC_0047.jpg



 DSC_0064.jpg

 今日は、植物園に行ってこようかなぁ・・・・

 



       
スポンサーサイト
じょうざん1

これは、私が毎日毎日咲くのを待っていた時の「常山」あじさい。
今思うと、こんなに緑色なんだから、まだまだでした。

この花は、額紫陽花の、額の部分がなくて、真ん中のつぶつぶの両性花だけのあじさいです。


それがようやく、この間の日曜日に、一つだけ開花。

じょう2

この時は、つぼみがすっかりピンクや青や紫になり、大きくふくらんでいました。


咲いた花の花びらは、青。おしべも、めしべも青。

じょう1

矢印で示した花は、次にさいたものですよ。
似たようなアングルで撮った写真と見比べてみました。

じょう3

じょう4

つぼみには、花びらの裂け目が見えるのですが、四枚のものや、五枚、六枚、それ以上・・・と、さまざまです。


じょう6

母に可愛がられて、たくさんのつぼみのかたまりがあります。

じょう8
これは、今朝の「常山」くん。

それが、仕事を終えてかえって来た時には、

じょう9
もう、花びらが落ちて、実ができていましたよ。

じょう10
じょう11

このくらい近づいて見ると、花のがくが見えます。花びらが落ちた後を見ると、やはりがくが見えています。



では、この「常山」くんを一目ぼれして買ったときの写真をご紹介。

じょう12

植物園で展示されていたときは、ライトが当たって、こんなに綺麗な色でした。

じょう13

ね、とっても不思議な雰囲気のあじさいでしょ?

で、実は、もっとすごいのは、このあと、真っ青な、ベリーのような実がいっぱいできること。

上の写真の子房の部分が、大きく膨れて、玉になるんです。

ただ、我が家では、母が実がなるまでがまんしてくれないので、残念。

株が大きくならないように、花が終わると、短く切ってしまうの。

今年こそは、お願いして、実の実物を見てみたい。
今日は、ちょっとでっかいお花の紹介です。

アリラン5

一つの装飾花が、このくらい。
私の指と比べてみてください。


ありらん8

このでっかい花が、こんな感じで咲いています。

ありらん7


アリラン4



はじめは青くて、次第に紫からピンクになっていきますが、下の写真のように、年によっては、初めからピンクの時もあります。

不思議・・・・

アリラン6

アリラン1


これは、真ん中の両性花。

アリラン3

元気いっぱいです。


あ、そうそう。ついに、「常山」が咲き始めました。
これは、装飾花が全くない、両性花のみの紫陽花で、ちょっと珍しいですよ。

どうぞ、お楽しみに。


すみだ5


今日は、この紫陽花をご紹介。

名前を「すみだの花火」といいます。

すみだ1
(この日記を書くにあたって、「墨田」なのか「隅田」なのか、確認したら、「隅田の花火」でした。ごめんなさい。)


20年ほど前に、園芸農家の方が、枝変わりのこの花を発見し、増やしたのだそうですよ。

私は、この花を、出張の帰りにたまたま通りかかった花屋さんの店先で見かけ、一目ぼれして買いました。
そして、「母の日のプレゼント」にしたのです。

当時、まだこの花は珍しかったので、母も気に入って、庭に植えてくれました。

すみだ7


すぐに大きな株に育とうとするので、そのたびに、母の手により、小さく切られていますが、ちゃんと生き延びています。

さて、この花の魅力は、まず、ぱっと花火が散ったような装飾花の配置。
そして、次第に色づいてくる、爽やかな花。

すみだ6

すみだ2

黄緑のような色から、白くなって、次第に薄青が入り、その中に紫色が染み込んでくる。

すみだ4


綺麗です。


でもね、一番私が気に入っているのは、このお花の首筋なんです。


すみだ9

ね、いい色でしょ?

この首筋も、初めは白かったのが、次第に色が濃くなってきて、こんな素敵なグラデーションになるんです。

すみだ8

雨あがりに、うつむいてしまった花を眺めると、その首筋がとても目立って、時間を忘れるくらい見入ってしまいます。

この花も、もっと、株を大きくして、こんもりとさせたいのですけど、
「あんまり大きくなったら、邪魔やろうが・・」と言って、母が切ってしまいます。

ま、世話は母任せなので、しょうがないですね。


では、きのうのユーミーちゃんの画像の追加です。

ゆーみー5

ゆーみー6


ゆーみー7

今日は、八重の紫陽花ばかりになりましたね。


さてと、「常山」くんが咲いていないか、庭に出て、見てきますね。






今日は、名前がキュートな紫陽花。


ゆーみー2

八重で、てまりのようにまん丸に咲く紫陽花で、「ユーミー」ちゃんと言います。

名前が気に入って買ったんですよ。

この紫陽花は、鉢植えのまま、母によって、庭のあちこちに移動されつつ、生き延びております。

ゆーみー1

早朝、かばんに入っていた、コンデジで撮ったので、ちょっとピンボケになっていますね。
      ゆーみー4
      ゆーみー3

こちらは、去年撮った写真です。青からピンクへ、どんどん色が変化していきますよ。


そういえば、「くれない」は、こんなに赤くなってきました。
くれない赤1

真ん中の両性花は、全部実になってしまっています。
くれない赤2

これからも、まだまだ色の変化は続きます。



それから、忘れてはいけない、我が家の一番の古株。
あじさい

この家を買ったときから、ずーっとこの場所で咲いています。毎年剪定しているので、あまり大きな株にはなっていませんが、40年はたっている花ですよ。


他に、うちには、「常山」「蝦夷アジサイ」「アリラン」などの紫陽花もあります。

咲いたら、また写真を撮って、載せたいと思います。


他にもあったのだけど、柏葉紫陽花・城ケ崎は、大きくなりそうだからと、母に抜かれ、「瓔珞玉紫陽花」「ユングフラウピコティ」は、いつの間にか消滅してしまいました。


退職したら、私が庭の係になれそうだから、それからまた増やそうかなぁ。





yumin

Author:yumin
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

by mitti0

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。