カメラと音楽と手作り大好き

趣味がいろいろありすぎて・・・ そんな私の、日記です。

24-1.jpg

福岡地方は、今日も暑かった。
それで、文鳥と一緒に、ちょいと海外へ

24-2.jpg

なーんちゃって。

24-3.jpg

24-4.jpg

文鳥のころも、おとなしく画面を見つめていましたよ。
スポンサーサイト
   21-6.jpg

今日は、習い事にバスで行った。行き帰りに空港の横を通るので、どんな飛行機がいるか見るのが、毎度のお楽しみ。

   21-7.jpg

今日は、なんだか、黒い飛行機が見えた。 クジラかイルカ、またはシャチのデザインなのかもしれない、なんて考えながら、とにかく写真に撮った。

   21-8.jpg

カメラのモニターで確認したら、イルカの目なんかは描かれていないようなので、こういうデザインなのね。

あとでゆっくり調べてみて驚いた。 この飛行機、2006年にグッドデザイン賞をとっているのでした。内装がまたかっこいい。
ちょっと、乗ってみたい気がしました。


あ、ここからは、クモが苦手な人は見ないほうがいいかも。

小さなクモがいるなーと思い、写真に撮ってから調べたら、お馴染みのジョロウグモの幼体らしいです。
そうですよね、初めからあんなに大きなわけないもの。

春に孵化してから、オスで7回くらい、メスで8回くらい脱皮を繰り返してから、あの大きさ、あのデザインになるそうです。

   21-4.jpg
   
   21-2.jpg


21-1.jpg


では、だいぶ前に撮った大人のジョロウグモもね。

   jorou-2.jpg


   jorou-1.jpg

   jorou-3.jpg

そのうち、我が家の庭のクモたちも、どんどん大人っぽく変身していくのでしょう。今年の夏は、途中経過を観察しようと思います。

別のブログをお休みにして、こちらの更新を続けようかな、と思い、いろいろと設定を変えていたら、なんと朝になっていました。

朝焼け


今日は朝のうちに、母と一緒にお寺に行く予定です。父の命日なんです。72歳になる少し前に亡くなった父の年齢を、母はもうずいぶんと追い越してしまいました。

そういえば、父方のおばあちゃんも、旦那さんが72才で亡くなったあとずいぶん長生きをして、95才で亡くなったのですが、亡くなる前に、「おじいさんは、私のこと、わかるやろか。」と心配していたそうです。おじいさんが亡くなった頃には、まだ60代だったわけですから、その時の姿しか覚えていないのなら、今の自分のことを見てもわからないだろうと思ったようです。

二人とも亡くなったら、あの世とやらで出会うときには、二人の一番良い時期の姿にもどってまた微笑みあえるのではないかな。「あさが来た」みたいにね。

受験勉強していたわけでもないのに、徹夜してしまった私。

退職してのんびり生活ですから、眠くなったらお昼寝しましょう。あ、でもお寺への行き帰りの車の運転は注意しなくっちゃ。たった10分の距離でも、居眠り運転する可能性はあるでしょうからね、用心用心・・・

カノコユリ
 DSC_0045.jpg

 我が家には、普通の赤いヒガンバナはないのですが、ついこの間まで、白花曼珠沙華が咲いていました。

その後に、今度は、黄色の鍾馗水仙が次々に咲き始めました。

 DSC_0048-のコピー


 昨日は、夜中からの雨が残り、午前中いっぱいまでは、土砂降り。あがるのをまって、写真を撮りましたよ。

 使ったレンズは、昨日届いたばかりのタムロン90mmマクロの新しい方。手振れ補正機能もついて、ますます綺麗なボケ画像が撮れるらしいので、楽しみです。

 DSC_0047.jpg



 DSC_0064.jpg

 今日は、植物園に行ってこようかなぁ・・・・

 



       
じょうざん1

これは、私が毎日毎日咲くのを待っていた時の「常山」あじさい。
今思うと、こんなに緑色なんだから、まだまだでした。

この花は、額紫陽花の、額の部分がなくて、真ん中のつぶつぶの両性花だけのあじさいです。


それがようやく、この間の日曜日に、一つだけ開花。

じょう2

この時は、つぼみがすっかりピンクや青や紫になり、大きくふくらんでいました。


咲いた花の花びらは、青。おしべも、めしべも青。

じょう1

矢印で示した花は、次にさいたものですよ。
似たようなアングルで撮った写真と見比べてみました。

じょう3

じょう4

つぼみには、花びらの裂け目が見えるのですが、四枚のものや、五枚、六枚、それ以上・・・と、さまざまです。


じょう6

母に可愛がられて、たくさんのつぼみのかたまりがあります。

じょう8
これは、今朝の「常山」くん。

それが、仕事を終えてかえって来た時には、

じょう9
もう、花びらが落ちて、実ができていましたよ。

じょう10
じょう11

このくらい近づいて見ると、花のがくが見えます。花びらが落ちた後を見ると、やはりがくが見えています。



では、この「常山」くんを一目ぼれして買ったときの写真をご紹介。

じょう12

植物園で展示されていたときは、ライトが当たって、こんなに綺麗な色でした。

じょう13

ね、とっても不思議な雰囲気のあじさいでしょ?

で、実は、もっとすごいのは、このあと、真っ青な、ベリーのような実がいっぱいできること。

上の写真の子房の部分が、大きく膨れて、玉になるんです。

ただ、我が家では、母が実がなるまでがまんしてくれないので、残念。

株が大きくならないように、花が終わると、短く切ってしまうの。

今年こそは、お願いして、実の実物を見てみたい。

yumi

Author:yumi
いろんなことに熱中する、AB型人間です。

趣味は、カメラ・手芸・音楽・読書・ドラマ・映画・パソコンなどいろいろ

写真は主にマクロ撮影をしています。

この人とブロともになる